カードローンを利用する前に知っておこう!ローン初心者の方必見のカードローン基礎知識!

銀行のカードローンは消費者金融よりも有利か

適用される法律が違うために銀行のカードローンと消費者金融のカードローンには大きな違いがあります。
それが、総量規制対象か総量規制対象外かということです。
総量規制は多重債務者や借りすぎ、貸し過ぎを防止するために2010年の改正貸金業法施行から導入された制度で年収の三分の一を融資の限度にする制度です。

これだけを考えてみれば、消費者金融は銀行よりも不利なように感じられることは仕方のないことですが、利用者にとっては単純に銀行の有利さを感じられることはありません。
銀行は総量規制対象外ですが、審査に通るか通らないかは総量規制の金額の限度額に大きな線引きがあると考えられるからです。

銀行のカードローンであっても総量規制で決められている金額よりも大きな利用限度額で審査が通りやすいと言えないからです。
銀行には法的な規制はありませんが、自主規制のようなものが働いていると考えたほうがいいと思われるます。
銀行の審査は元から厳しいのです。

これは知っておこう! 銀行と消費者金融のカードローンの違い

借りられる場所は銀行だけではない

融資と言えば、銀行。これは昔の話です。無担保ローンが普及した今は、いろいろな会社がローン会社を立ち上げ、金融業に参入しています。
カードローンが、現在の無担保ローンのメインとなっています。

その流れの中で昔から金融業をしていた銀行もカードローンを始めました。
広く知られている金融会社、つまりは消費者金融もカードローンに携わっています。
ローンを組もうとするとこのふたつのどちらかになることが多いのですが、その相違点について、基礎的なことを説明いたします。

銀行から借りるのが当たり前?

借り入れ先でまっ先に挙がるのが銀行で、カードローンが主だってからも変わりはないようです。むしろカードローンが主流になった今、イメージとしては銀行が定着しています。
銀行系のカードローンは審査が厳しく時間もかかります。借り入れ先が銀行であるからです。
しかし金利とサービスはしっかりしています。
可能であれば銀行系のカードローンを組み、長くお付き合いすることがカードローンの運用は効率が良いかもしれません。

銀行に劣らぬ消費者金融の利点

銀行に対し消費者金融は、一般企業という位置づけになります。
銀行と比べ金利などの柱となる部分が劣りますが、当然利点もなければ消費者に相手にされません。
消費者金融は審査が早いなど、銀行系カードローンとは異なるメリットを備えています。
期間限定のキャンペーンも多く打ち出しているので、ケースバイケースですが、短期間の借り入れなら銀行より良いケースも多く見受けられます。

以上から言えることは今回挙げた点は大雑把ではありますが、要点をまとめたものです。
以上のことからお察しいただけるように、どちらかに優劣があるわけではなく、使い分けが肝心です。
それに関しては他の記事で詳しく説明させていただいているので、金利面や長期間にわたる場合は銀行、すぐ借りてすぐ返す場合は消費者金融と考えていただければと思います。

他にも信販系というものもありますが、銀行と消費者金融、このふたつを覚えていただければ大体は大丈夫です。
カードローン選びは銀行の利点、消費者金融、それぞれの利点を踏まえておこなってください。

ポイントは金利と手数料です。やはり金利や手数料が低いものはよく選ばれているようです。
金利が低ければ、返済していくときの負担も少なくて済むので、金利が低い方が良いでしょう。
出典:銀行系カードローン|ここでしか聞けない審査や口コミ情報

ローンの歴史と背景

ローンとはお金の借り入れをすることですから、金融業界においては個人や法人にかかわらずずっと昔から必要とされ、借り入れのお金が動いてきました。
法人の場合には会社を設立して設備を整えたり、個人であれば出産など急な費用が必要になど、大きなお金が必要になった時にローンが利用されてきましたから、私たちの生活にも身近な存在であると言えます。

とはいえ一昔前の貸付方法の証書貸付などを見てみると、お金の借り入れをする際には非常に多くの手間と時間が必要だったようです。
そのため、怪我や入院など急にお金が必要になった時にすぐに対応することが難しく、顧客としても企業としても借り入れの悩みの種となっていたようです。

そこで現在すっかり定着しているのが、『カードローン』という方法です。
今ではすっかりローンのスタンダードとなっていますが、なぜカードローンが定着し今でも使われているのか、それは理由を考えればすぐに答えが分かります。

カードローンの基本的要素

以前に旧式のローン方式で借り入れをするためには、銀行などの金融機関に出向いて審査を受け、ようやく借り入れができるという方式でした。
今でも企業が多額の借り入れを行なう際には、旧式の方式をとることもありますが、最近では個人の借り入れはほとんどがカードローンになってきました。

カードローンで借り入れをする際にも審査はありますが、従来と異なるのは一度審査に通れば自由に借り入れが行えるという点です。
これは従来のローンではなかった方式で、カードローンが現在において主流になった大きな理由の一つと言えます。

カードローンにおいて借り入れが自由なだけではなく、返済も個人の都合に合わせて行なうことができ、さらにATMなどを利用する事でさらに便利に利用することができます。
一度借り入れを行なえば、その後は返済日に一定金額を返済していく必要がありますが、金銭的に余裕がある時には多めに返済しておくことで、完済の期日を早めて利息の支払いを少しでも減らすことができます。
最近ではインターネットが普及していますので、ネット上で24時間いつでも返済ができる会社もあり、返済もますます便利になっています。

カードローンを知ってからローンを組もう

とはいえ従来のローン方式に慣れている方の場合、カードローンを利用したことがなく、お金が急に必要になった時にも銀行からの貸付以外は考えらないという方もおられると思います。
もちろん最近ではカードローンが金融業界で主流の借り入れ方法にはなりましたが、理解できない点や不便に感じることもあるかもしれません。

そのためこの記事ではカードローンの概要や歴史的背景、そして借り入れや返済が自由などの便利さについて紹介させていただきました。
カードローンの利用方法に関しては他の記事で分かりやすく解説させていただきますので、そちらの記事も参考にしていただき、少しでもカードローンを便利よく利用する点で生活のお役に立てるなら幸いに思います。

いつでも利用できる便利なカードローン!

カードローンが便利な理由とは?

生活の中でカードローンを利用しているという人は沢山いると思います。
上手に賢く利用すれば、カードローンはとても便利で私達の生活にとても役立ってくれます。
しかし便利と言ってもお金を借りるわけですから、できれば借りないほうがいいのではないの?返済できなくなったらどうしよう、などと思う人もいるかもしれません。

しかしこの先自分でも思わぬことが起こる可能性だってないとは言えませんよね。
いざという時の為にカードローンが出来るカードは1枚持っていたほうが何かと便利なものです。
持っていても自分でセーブして無駄に使わなければいいだけのことであり、また使用しても限度を持って利用すればいいのです。

それでも持っていても使い道もないし、と考える人もいるかもしれません。
そんな方のために一般的な有効活用の方法をご紹介したいと思います。

もしこんな場面で現金がなかったら

現在ではクレジットカードを持っていないという人のほうが少なくなってきているのではないでしょうか。
海外ではほとんど現金を利用しないという国もあるようです。
日本でも現金を持ち歩くよりもクレジットカードの方が便利だし、じゃらじゃらと小銭が嫌だという人も増えているでしょう。
しかしいつものようにクレジットカードで支払いをしようとした時に、その店が現金のみしか受け付けていない場合はとても困ったことになってしまいます。

キャッシュカードで現金を下ろしたくても給料日前で残高がなかったら慌ててしまいますよね。
しかしもしカードローンが出来るカードが1枚あれば、コンビニエンスストアのATMで簡単に引き出すことが出来、また深夜や早朝などいつでも利用できるのでとても便利です。
しかもカードローンの良さには金利が低いという点があります。
急に現金が必要になって借りてしまっても金利が低い為、それほど躊躇することもなく借入しやすいのです。

いつでも引き出し可能

先ほども少し触れましたが、カードローンはコンビニエンスストアのATMで利用することができます。
コンビニエンスストアであれば全国どこにでもあり、24時間営業してしますので、急に必要になった時は、いつでもどこでも利用することができるのです。
これは最大のメリットではないでしょうか。カードローンは言い換れば24時間利用できる自分の財布のようなものなのです。

いつでも利用出来て、困った時に役にたってくれるカードローンは、今すぐ必要でなくとも1枚は持っておくべきではないでしょうか。
この先例えば友人の結婚式が立て続けに重なってしまった、給料日前なのに出費が続いてしまったなど起こらないともいえないですよね。
カードローンを持っていればコンビニエンスストアで簡単に引き落としできるので、このような問題もすぐに解消できてしまいます。

利用する前から返済計画を!便利なシュミレーションサービスとは

あらかじめ確認しておくべきポイントとは
カードローンを利用するという事は、お金を借りる=返済の義務が発生するといううことになります。
返済日は必ず守る必要があり、一度でも返済日が滞ってしまうと信用が失われ、その後の借入に影響が出てくることもあります。
まずは着実に返済をするにあたり、収入が入る給料日を考慮して返済できるかどうかを確認する必要があります。
また、金利やリボルビング払いについてもよく確認しておきましょう。
最低返済金額はいくらになるのか、どの程度のペースで返済するべきか事前に計算しておくことで無理のない返済プランが立てられます。

カードローンの利用を考えるのであれば、これらのポイントはしっかりと事前に抑えておく必要があるといえるでしょう。
しかし、カードローンに申込みをしても審査の結果はどうなるかわからないことと同様に、借入についても実際行ってみないとわからないとい事もあるでしょう。
その場合は、各カードローン会社が用意しているシュミレーション機能を使ったり、電話で問い合わせをしてみるのも一つの方法です。

借入の実体験ができる返済シュミレーション

カードローンを借りる前に着実に返済できるプランを計画するためには、返済シュミレーションのサービスを利用することをおススメします。
収入がそこまで多くない、毎月安定しているというわけではない、だからこそ最低返済金額でどうにか上手に調整して返済をしていきたいという方にピッタリなのがこのシュミレーションのサービスです。
これらのサービスはだいたいがインターネット上に用意されています。

実際にカードローンを利用した場合の借入が体験できるというツールです。
各カードローン会社のホームページ上にも用意されていますし、個人で作成されたツールなどもあり、ほとんどが無料で利用できるようになっています。
これらのシュミレーションサービスの特徴は、借入金額を入力するだけで最低返済額が算出できるという簡単で便利な点です。
また、借入金額によってどの程度の利子がつくのか、返済期間はどのくらいかかるのか、という部分も計算してくれます。

返済シュミレーションサービスを利用することで、借入、返済の金額に関する部分だけでなく、利子や期間までを事前に検討することができるので借り過ぎに注意することも可能になります。
ちなみにインターネットを利用することでこれらのサービスが使えるわけですが、中にはどうしてもインターネットの利用が苦手という方もいるかもしれません。

その場合は、各カードローン会社に設置されている電話受付窓口に連絡をして相談することもできますので心配はいりません。
電話での問い合わせでも借入や金利、返済について詳しくアドバイスしてくれますのでインターネットの利用に抵抗があるという方は、電話で直接問い合わせてみてはいかがでしょうか。

迅速な結果、ミスのないシュミレーションサービス

借入や返済に関しての計画を立てるにあたり、不明な点や疑問は電話で直接問い合わせをしても問題はありません。
しかし、電話による問い合わせはどうしても待機時間ができてしまったり、計算してもらった結果を聞きながら誤ってメモを取ってしまったりなど何かと間違えてしまうリスクもあります。

ネットを利用したシュミレーションサービスであれば、迅速に結果が出るので待機時間も省略できますし、メモを取ったりする時間も十分にあります。
計算のミスもありません。
カードローンの利用は利用する前からしっかりと返済を考える事も大切です。
利用したら着実に返済する、安心してカードローンが利用できるようこの点を頭に入れておきましょう。